Author Archives: Catenacci

転職を考えるようになったきっかけ

学校を卒業して無事に正社員として就職することが出来ました。
しかし、本当に自分がやりたい業種、業界ではなかったので、入社してからずっと後悔の連続でした。

自分がやりたい業種や業界は競争率が高いから別の業界や業種に変更してみたらとアドバイスされ、就職を決めて周囲を安心させたいという気持ちで、もともと希望していた業界や業種とは全く違うところに変えました。

全てが自分の思い通りにいくとは思っていませんでしたが、もともと希望していない業種だったのでやる気も起きず、仕事を覚えなくてはと思っていても全く頭に入ってこず、毎日枕を濡らして泣いているような生活を送っていました。

あの時、自分のやりたい方に進めていればこんなことにはならなかったという後悔が常に頭の中にあり、そんな中で5年間仕事をしていましたが、どうしても長く続けたいという気持ちになれず、転職を決めました。

転職を決めたきっかけとなったのは、もともとやりたい仕事ではなかったというのが大きな理由ですが、やりたい仕事に挑戦してみたいという気持ちが強くなったからです。5年働いてもその仕事が全く好きになれず、むしろ年数を重ねていくごとにどんどん嫌いになり、こんな生活を早く断ち切りたいという思いを重ねながら、惰性で続けていました。

転職を決めてからは「もっと長く続けた方が良い」「やりたくないのは分かるけど、思い通りにいかないのが世の中だよ」「やりたくないからと言って転職ばかりするようになったらどうするのか」「好きになれる時が来るよ」と周囲から色々とアドバイスされましたが、そのほとんどが転職に対して反対という意見でした。

次も正社員として転職できるかどうか分からないし、転職することに対してはリスクが大きいことは承知していましたし、周囲の言いたい事も分かります。
ですが、どうしても自分がもともと目指していた業界や業種にチャレンジしたい、もしこのままチャレンジできなったら後悔するだろうと思い、例え給料が減ってしまったとしても、それは覚悟の上で、自分の気持ちを信じて退職、転職をすることになりました。

転職活動は順調とは言えず、これまでとは全く違う業界や業種だったので「前の仕事を続けていれば良かったのでは」と面接で言われることも多く、心が挫けそうにもなりました。

スキルも経験も無い業界や業種への転職活動は自己アピールや志望動機などの伝え方に苦労しましたが、今ではあの時転職を決めて良かったと思っています。

やりたい仕事ができるようになったことはもちろんですが、やはり自分はこっちの仕事の方が向いていると思うことが多いので、5年間正社員で勤めていた会社を辞め、転職をして良かったと感じます。

やりたいと思うことにチャレンジする精神、やってみようと言う気持ちを持って行動することは決して悪いことでは無く、チャンスを逃して一生後悔して働くよりも、自分が何をしたいのか、どんな仕事をしたいのかを考え、どうしてもやりたいという気持ちが強くなった時に思い切って転職を決めたことは良い経験になりました。

医師 転職 東京 神奈川 埼玉 千葉

25歳 10年後を考えた私の転職活動戦線

私が転職を決意したのは25歳の時でした。
新卒入社してから約3年。
たった3年で転職をすることに迷いはありました。
しかし、あまりの勤務状況に体調を崩し、心身共に限界の状態でした。
建設業界だったため、朝は7時前には出社し、帰りも19時以降でした。
土日も現場やイベント等があり、30連勤も珍しくなく、もちろん有休なんてとんでもない話でした。
私は、色んな仕事をしてみたい!という理由でこの会社に入社しましたが、毎日を忙殺されるような働き方をする中で「働くことで専門知識を深められるような仕事をしたい」と強く思うようになりました。
その後、仕事を続けながら2か月ほど転職活動を行い、無事に希望していた仕事に携われるようになりました。

転職活動の前に、新卒時に行った自己分析を改めて行いました。
けれども、実際に社会人として働いてからの自己分析は、大学生だった頃よりも客観的に且つより深く分析できたと感じています。
自分が30歳になった時、35歳になった時にどうしていたいか、どんな思いで仕事をしていたいか等「今」だけではなく、「これから」の方を強く考えて活動していました。
私が転職活動を行う上で大切にしていたことは、「どんな仕事がしたいか」ではなく、「(仕事を通じて)どんな人間に成長していきたいか」ということです。
仕事主体ではなく、あくまで自分を主体に考えることです。
今思えば、仕事に忙殺されて自分を見失ったからこそ、考えられたことだったと思います。
また、私は転職先の希望会社を時間をかけて数社程ピックアップして、その数社に断られた転職活動は辞めようと、つまり今の職場で働き続けようと決めていました。
「とにかく転職したい」という気持ちで活動してしまうと、入社してから苦労すると分かっていたからです。
と言うのも、まさに就職活動時に「とにかく就職したい」という気持ちが強かったことから、目先のことばかりを考えて動くことの愚かさは身を持って体験していたのです。
そんな反省もあり、無事に希望の職種に転職することができました。

こういった過重労働で働くことは決して許されるものではありませんが、とはいえすぐに改善されないかもしれません。
このような人々が健全に働いていくためにも産業医のニーズは今後もっと高まるでしょう。

産業医への転職

転職活動を振り返り思う

 転職エージェントについては複数の会社にて登録することをお勧めします。各会社、各エージェントによって、当然かもしれませんが合う合わないがあるからです。私の場合、大手と言われる会社のみ選択し5-6名のエージェントに担当してもらいましたが、信頼するに値したのは1名のみでした。こちらとしても二人三脚で転職活動を成功させたいと懸命に努力はしましたが、どうもエージェントの都合(成績に関係するのか)を押し付けられている感がぬぐえない場面が多々あったように思います。最終的に担当してもらったエージェントは本当に信頼できるかたで、あの担当さんすごくいいよと今でもお勧めしたいほどです。良いエージェントかどうか見極めるポイントは、実際に面談をして、お互いに一歩通行にならずに意見を交わせる相手かどうかにあると思います。転職活動において、どのエージェントさんに担当してもらうかは、どの会社に応募するのかと同じくらい大切な問題だと思います。エージェント選びも転職活動の一環だと思いました。
 転職活動で必要なものといえば、諦めない心だったように思います。私の場合、とにかく別の会社に移ることによって就労条件を良くしたい、という強い思いが根底にあったため頓挫することなく最後までやり抜くことができました。正直、数えきれないほど落とされましたが、数打てば当たるかなと途中からは開き直って転職活動に取り組みました。もちろん担当エージェントには本当に多くのサポートを頂きました。嫌になるくらい落とされはしましたが、条件に合う会社は探せば案外あることが分かりましたし、落とされる原因を追究しその都度改善できたことも良かったかなと思います。精神的には「諦めない心」で、物質的にはプリンターがあると便利かなと思います。前述したように(私の場合は)数えきれないほどの履歴書や職務経歴書が必要だったので。私は自宅にプリンターがなかったので、ネットプリントというサービスを使い都度都度コンビニでプリントアウトしていました。

医師向け厳選転職サイトはこちら医師 転職