転職を考えるようになったきっかけ

学校を卒業して無事に正社員として就職することが出来ました。
しかし、本当に自分がやりたい業種、業界ではなかったので、入社してからずっと後悔の連続でした。

自分がやりたい業種や業界は競争率が高いから別の業界や業種に変更してみたらとアドバイスされ、就職を決めて周囲を安心させたいという気持ちで、もともと希望していた業界や業種とは全く違うところに変えました。

全てが自分の思い通りにいくとは思っていませんでしたが、もともと希望していない業種だったのでやる気も起きず、仕事を覚えなくてはと思っていても全く頭に入ってこず、毎日枕を濡らして泣いているような生活を送っていました。

あの時、自分のやりたい方に進めていればこんなことにはならなかったという後悔が常に頭の中にあり、そんな中で5年間仕事をしていましたが、どうしても長く続けたいという気持ちになれず、転職を決めました。

転職を決めたきっかけとなったのは、もともとやりたい仕事ではなかったというのが大きな理由ですが、やりたい仕事に挑戦してみたいという気持ちが強くなったからです。5年働いてもその仕事が全く好きになれず、むしろ年数を重ねていくごとにどんどん嫌いになり、こんな生活を早く断ち切りたいという思いを重ねながら、惰性で続けていました。

転職を決めてからは「もっと長く続けた方が良い」「やりたくないのは分かるけど、思い通りにいかないのが世の中だよ」「やりたくないからと言って転職ばかりするようになったらどうするのか」「好きになれる時が来るよ」と周囲から色々とアドバイスされましたが、そのほとんどが転職に対して反対という意見でした。

次も正社員として転職できるかどうか分からないし、転職することに対してはリスクが大きいことは承知していましたし、周囲の言いたい事も分かります。
ですが、どうしても自分がもともと目指していた業界や業種にチャレンジしたい、もしこのままチャレンジできなったら後悔するだろうと思い、例え給料が減ってしまったとしても、それは覚悟の上で、自分の気持ちを信じて退職、転職をすることになりました。

転職活動は順調とは言えず、これまでとは全く違う業界や業種だったので「前の仕事を続けていれば良かったのでは」と面接で言われることも多く、心が挫けそうにもなりました。

スキルも経験も無い業界や業種への転職活動は自己アピールや志望動機などの伝え方に苦労しましたが、今ではあの時転職を決めて良かったと思っています。

やりたい仕事ができるようになったことはもちろんですが、やはり自分はこっちの仕事の方が向いていると思うことが多いので、5年間正社員で勤めていた会社を辞め、転職をして良かったと感じます。

やりたいと思うことにチャレンジする精神、やってみようと言う気持ちを持って行動することは決して悪いことでは無く、チャンスを逃して一生後悔して働くよりも、自分が何をしたいのか、どんな仕事をしたいのかを考え、どうしてもやりたいという気持ちが強くなった時に思い切って転職を決めたことは良い経験になりました。

医師 転職 東京 神奈川 埼玉 千葉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です