転職活動を振り返り思う

 転職エージェントについては複数の会社にて登録することをお勧めします。各会社、各エージェントによって、当然かもしれませんが合う合わないがあるからです。私の場合、大手と言われる会社のみ選択し5-6名のエージェントに担当してもらいましたが、信頼するに値したのは1名のみでした。こちらとしても二人三脚で転職活動を成功させたいと懸命に努力はしましたが、どうもエージェントの都合(成績に関係するのか)を押し付けられている感がぬぐえない場面が多々あったように思います。最終的に担当してもらったエージェントは本当に信頼できるかたで、あの担当さんすごくいいよと今でもお勧めしたいほどです。良いエージェントかどうか見極めるポイントは、実際に面談をして、お互いに一歩通行にならずに意見を交わせる相手かどうかにあると思います。転職活動において、どのエージェントさんに担当してもらうかは、どの会社に応募するのかと同じくらい大切な問題だと思います。エージェント選びも転職活動の一環だと思いました。
 転職活動で必要なものといえば、諦めない心だったように思います。私の場合、とにかく別の会社に移ることによって就労条件を良くしたい、という強い思いが根底にあったため頓挫することなく最後までやり抜くことができました。正直、数えきれないほど落とされましたが、数打てば当たるかなと途中からは開き直って転職活動に取り組みました。もちろん担当エージェントには本当に多くのサポートを頂きました。嫌になるくらい落とされはしましたが、条件に合う会社は探せば案外あることが分かりましたし、落とされる原因を追究しその都度改善できたことも良かったかなと思います。精神的には「諦めない心」で、物質的にはプリンターがあると便利かなと思います。前述したように(私の場合は)数えきれないほどの履歴書や職務経歴書が必要だったので。私は自宅にプリンターがなかったので、ネットプリントというサービスを使い都度都度コンビニでプリントアウトしていました。

医師向け厳選転職サイトはこちら医師 転職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です